お仕事探しにおける「勘」

ようやくお仕事の見通しが付き始めてきた感じです。

私は現在専業主婦で、クラウドワークスでいう所の

「カンタン在宅ワーカー」です。

扶養枠内上限で稼げるようになりたいと思い、あれこれ試行錯誤してお仕事を進めてきました。

 

最初はそれこそ勝手がわからず、迷走していた。

幸い詐欺には引っかからなかったけど、それに近いものやアヤシイのは数件あったかなぁ…。

一朝一夕に美味しい話なんてないんだよ、あればみんなどんどんお金持ちだよ~。

ということを念頭に置いてやってれば、なんとなく勘みたいなもので回避できてたらしい。

 

仕事の見通しが付いてきたというのは、

希望月額くらいまで稼げそうな目処が付いてきたという意味です。

ありがたいことです。

でも完全に保証されてるわけではないので、今後はそれを肝に銘じてコツコツやっていこうと考えています。

現在は数件のクライアント様と継続契約させて頂いていますが

そのクライアント様たちと出会うまでにもさまざまな試行錯誤が…。

 

これも勘、というより基本なような気もしますが

やり取りで最低限の意思疎通ができない場合はいざお仕事を始めてもうまくいきません。

でした。

別に、多弁で頻繁なメッセージでなくとも良いのです。

クライアント様もお忙しいから、お仕事をこうして依頼して頂けてるのだろうと思うし。

最低限必要な事、業務上の確認事項については返答が欲しいですよね。

こちらとしても、自分の能力が足りず理解できない系の事項であれば自己解決する努力を惜しみませんし。

その辺りが、メッセージのやり取り初回から「ん?」と思わされる感じだと

やっぱりお仕事に繋がらなかったです。

たまたまご縁が無かったのかな、と思わなくもないですが。

 

現在お仕事を頂いているクライアント様とは初回から良好なやり取りが出来ていましたので、やっぱりこの辺はお仕事をお受けする際に重要なポイントだなぁと思います。