読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うれしかったこと。そして自分のこと

昔、長く勤めたアパレルの会社で大変お世話になり、尊敬している元上司の方。

今でもFBで繋がっているのですが、たまたま先日在宅で出来る副業の話になった。

その方は手先が器用なので、知人経由で縫製のお仕事をたまにしているという。

でもなかなか思うように仕事が無くて…というので、

いくつかクラウドソーシングサイトを紹介したところ

継続受注できるお仕事が見つかったと連絡がありました。

その方も私と同様に専業主婦で長時間は家から出られないので、とても喜んでいた。

喜んでいる様子に、私もなんだかとっても嬉しくなっちゃった。

少しは、恩返しも出来たかななんて。

 

アパレル販売員って、いくらキャリアを積んでも

専業主婦になってしまうとなかなか再就職は難しいのです。

ショップは拘束時間が長いし、時間帯も遅め。

土日もお盆も年末年始も一切関係なく仕事、仕事。

元上司の方はキャリアも能力もあり、販売員から管理職に就きましたがやっぱり土日は関係なし。

 

そんな勤務体系なので、せっかくいくらキャリアを積んできても

結婚して家庭に入ってしまうとなかなか同じ仕事には就けません。

募集要項を満たせないから。

家族の理解があったり、子供を保育園に入れる事ができればそれも可能となる場合もありますが…

私や、その元上司はそうではなかったので…。

きっとこんな状況でキャリアを持て余している元販売員さんは沢山いると思います。

 

クラウドワークスでアパレル関係のライティングの仕事に辿り着いた時

そうか、これがあったんだ、と思いました。

アパレルの知識だけでなく、販売員としての接客経験・スキルを活かして

在宅でも働けるお仕事。

最初はあまりまだ方向性が自分でも定められず、でも何か始めてみないととばかりに応募した先で頂いたお仕事は、イベントのまとめ記事。

経験が浅いせいで構成にダメ出しなどは何度も頂いたものの、文章自体は評価をしていただけた。

そしてある時ファッション系の記事を書く事になり、これが思った以上に楽しくすいすい筆が進んじゃったんです。

あー、やっぱり自分の「売り」「強み」ってこれなんだ…

と、しみじみ思った瞬間でした。

そこから方向転換。

今に至ります。

 

 

クラウドソーシングサイトを介し、こんな風に意欲的に働ける機会を与えてもらえる。

本当に有難い事だとしみじみ思っています。

昔はこんな働き方なんてなかったですもんね。

手数料、やっぱりちょっと高いなーと思うけど…(苦笑)